うぃーずブログ

うぃーずの資産形成(主に米国株)&旅行に関するブログです。年間配当金30万円で【沖縄旅行】に行くことを目標に!!!

MENU

【SPYD】高配当ETFであるSPYDの2021年1月リバランスを確認!【高配当投資】

皆さま、お疲れ様です。うぃーず( @weeds611 )です。

 

f:id:weedsno5:20210213065056p:plain

 

大人気高配当ETFのSPYDが2021年1月にリバランスしたので、確認していきたいと思います。

SPYDは1月7月の年2回リバランスしてくれます。

配当利回り4.95%と高配当投資では主力で活躍してくれています。

 

では、確認してみましょう!

 

SPYDの基本情報

①SPYD基本情報

 

名称

SPDRポートフォリオSP500高配当株式ETF

会社

ステートストリート

ファンド概要

SP高配当指数の値動きに連動する投資成果を目指す。

SPYD特徴

①高配当ETF

配当利回り上位80社で構成

インカム目的

組入銘柄数

80銘柄

設定日

2015年10月21日

純資産(2021.2.11

26.4億ドル

経費率

.07%

ベンチマーク

SP500高配当指数(

株価(2021.2.11

35.81ドル

52週レンジ

20.79〜39.89ドル

 

※S&P500高配当指数とは、S&P500指数の採用銘柄のうち配当利回りが高い80銘柄のパフォーマンスを計測する指数。

 

経費率0.07%で1年間100万円運用しても700円しかかからないのが魅力です。

また、1株35ドルと初心者でも投資しやすい株価ということも人気だと思います。

 

②SPYD組入上位10銘柄

 

順位

銘柄

配当利回り

事業内容

1

シーゲイト・テクノロジー

.70%

ハードディスクドライブメーカー

2

ヘインズ・ブランズ

.25%

衣料品メーカー

3

ヒューレット・パッカードエンタープライズ

.38%

情報技術ソリューション提供

4

サイモン・プロパティー・グループ

.76%

自社管理型REIT

5

ゼロックス・ホールディングス

.24%

持株会社。子会社はプリンタ、スキャナ、アクセサリを提供。

6

フェデラル・リアルティー・インベストメント・トラスト

.33%

自社管理型REIT

7

アイアンマウンテン

.44%

保管・情報管理会社

8

エクイティ・レジデンシャル

.56%

不動産投資信託会社

9

リージョンズ・ファイナンシャル

.21%

地域銀行持株会社

10

リージェンシー・センターズ

.64%

自社管理・運営型不動産投資信託会社

 

参考:Bloomberg 

 

SPYDはS&P500の企業のうち、配当利回りが高い80社で構成されています。

上記の10社以外に70社組み入れられています。

SPYD80社はこちらから確認できます👇

https://www.ssga.com/library-content/products/fund-data/etfs/apac/holdings-daily-jp-ja-spyd.xlsx

 

③SPYDセクター構成比率

 

順位

セクター

構成比率

1

金融

22.36%

2

不動産

19.28%

3

エネルギー

13.83%

4

公益事業

13.32%

5

情報技術

.95%

6

コミュニケーションサービス

.04%

7

生活必需品

.09%

8

素材

.81%

9

一般消費財サービス

.86%

10

ヘルスケア

.46%

 

景気敏感である「金融」「不動産」「エネルギー」が上位を占めています。

 

上位3セクターは前回と同じです。

 

④SPYD配当利回り

 

f:id:weedsno5:20210213071158p:plain

出典:Yahoo!Finance

現在の配当利回りYahoo!Financeで確認すると、

 

4.95%

 

直近1年間の分配金はこちら👇

2020年12月

0.606617ドル

2020年9月

0.263572ドル

2020年6月

0.365715ドル

2020年3月

0.396187ドル

 

2020年9月に大幅減配となりましたが、12月には約0.6ドルと9月に比して増配となったため今後の増配に期待したいですね。 

過去には利回り7〜8%あったSPYDでしたが、現在では4.95%まで低下しています。

同じ高配当ETFであるHDV(利回り4.11%)、VYM(3.38%)と比べればまだ高配当ではありますが、個人的には物足りないかなといった感じです。

 

 

SPYDの2021年1月リバランス(除外銘柄)

 

①【AIV】アパートメント・インベストメント&マネジメント

f:id:weedsno5:20210213071950p:plain

 

  • 2020年12月にS&P500の構成銘柄にテスラ(TSLA)が入ったことにより、除外された銘柄。
  • 事業:自社経営のREIT
  • 配当利回り:ー

 

 ②【CF】CFインダストリーズ・ホールディングス

f:id:weedsno5:20210213072013p:plain

 

  • 株価上昇し、配当利回りが低下したため除外。
  • 事業:肥料メーカー。窒素肥料、リン酸塩肥料を製造し、世界的に販売。
  • 配当利回り:2.78%

 

 

③【HRB】H&Rブロック

f:id:weedsno5:20210213072037p:plain

 

  • S&P500から除外されたため。
  • 事業:金融サービス会社
  • 配当利回り:5.39% 

 

 

④【NTAP】ネットアップ

f:id:weedsno5:20210213072104p:plain

 

  • 株価上昇し、配当利回りが低下したため除外。
  • 事業:ストレージ・データ管理ソリューションの提供
  • 配当利回り:2.78%

 

 

⑤【PNC】PNCファイナンシャル・サービス・グループ

f:id:weedsno5:20210213072127p:plain

 

 

 

⑥【VIAC】バイアコムCBS

f:id:weedsno5:20210213072149p:plain

 

 

 

センチュリーリンク

f:id:weedsno5:20210213072212p:plain

  • 2020年9月に社名を「Lumen」に変更。
  • 事業:通信会社
  • 配当利回り:8.03% 

 

 

以上、2021年1月リバランス時にSPYDから除外された7銘柄です。

除外された理由は、株価上昇し配当利回りが低下した、S&P500から除外された、社名変更でした。

 

SPYDは「S&P500高配当指数」に連動しているため、S&P500から除外された業績不振の銘柄を定期的に除外してくれるため安心できます。

 

逆に、株価上昇した銘柄(配当利回り低下)も除外されてしまう点も考慮しないといけません。

 

 

SPYDの2021年1月リバランス(新規組入れ銘柄)

 

①【COP】コノコフィリップス

f:id:weedsno5:20210213072241p:plain

 

  • 株価:46.44ドル
  • 事業:エネルギー会社
  • 配当利回り:3.70%

 

 

②【ETR】エンタジー

f:id:weedsno5:20210213072305p:plain

 

  • 株価:94.64ドル
  • 事業:総合エネルギー会社。発電、配信事業。
  • 配当利回り:4.02%

 

 

③【EQR】エクイティ・レジデンシャル

f:id:weedsno5:20210213072327p:plain 

 

 

 

④【EVRG】エバジー

f:id:weedsno5:20210213072417p:plain

 

  • 株価:54.72ドル
  • 事業:電力会社
  • 配当利回り:3.87%

 

 

⑤【GILD】ギリアド・サイエンシズ

f:id:weedsno5:20210213072443p:plain

 

  • 株価:66.92ドル
  • 事業:バイオ医薬品メーカー。新型コロナ治療薬のレムデシビル開発。2020年10月−12月の売上は19億4,000万ドル。
  • 配当利回り:4.24%

 

 

⑥【KIM】キムコ・リアルティ

f:id:weedsno5:20210213072505p:plain

 

  • 株価:17.95ドル
  • 事業:REIT会社。ショッピングセンターを所有、運営。
  • 配当利回り:3.57% 

 

 

⑦【LUMN】ルーメン・テクノロジー

f:id:weedsno5:20210213072528p:plain

 

  • 株価:11.50ドル
  • 事業:通信会社。デジタルソリューションを提供。2020年9月に「センチュリーリンク」から社名変更した。
  • 配当利回り:8.01%

 

 

以上、2021年1月リバランス時にSPYDに組み入れられた7銘柄です。

 

 

今後のSPYDへの投資方針

 

2021年2月時点での運用状況です👇

f:id:weedsno5:20210213075413p:plain

  • 特定口座 100株
  • 平均取得単価 31.128ドル

 

f:id:weedsno5:20210213075520p:plain

  • 税引後の分配金は、89.72ドル
  • 2020年3月、6月、9月、12月の4回受取

 

 

今後のSPYDへの投資方針

現在、含み益がある状態ですが、2020年3月のコロナショックで暴落し、なかなか株価上昇せず辛い時期が長かったです。

SPYDは逆張り投資のETFであるため、相場が上昇トレンドでは投資せず、〇〇ショックで暴落時に買い向かうETFだと思っています。

よって、2021年2月時点での上昇相場では静観し、暴落を待ってからSPYDに投資しようと思います。

高配当ETFにはHDVの定期買付をしているため、SPYDの定期買付はしていない状況です。 

 

高配当ETFHDV】に関する記事はこちら

weedsno5.hatenablog.com

weedsno5.hatenablog.com

 

 

まとめ

  • SPYDはS&P500から除外された業績不振の銘柄を定期的に除外してくれるので安心できる。
  • 株価上昇し(業績向上し)、配当利回りが低下した銘柄も除外される。
  • 2021年1月リバランスでは、7銘柄除外、7銘柄組入で80銘柄のまま維持。
  • 2021年2月時点、米国株式は上昇トレンドなのでSPYDへの投資は控えめに、株価下落時に投資できるように準備しておきます。 

 

以上、SPYDの2021年1月リバランスでした。

ここまで読んでいただきありがとうございました🙇‍♂️

 

 

ブログ村に参加しています。👇応援クリック励みになります!

うぃ〜ずの家族といく旅行ブログ、今は米国株に興味! - にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

米国投資に関するおすすめ書籍はこちら

もみあげ流 米国株投資講座 [ もみあげ ]