うぃーずブログ

うぃーずの資産形成(主に米国株)&旅行に関するブログです。年間配当金30万円で【沖縄旅行】に行くことを目標に!!!

MENU

【SBI証券vs楽天証券】SBI・VTIと楽天VTIってどちらがお得なのか⁉︎【シュミレーションしてみた】

 

f:id:weedsno5:20210618190125j:plain

 

 

皆さん、こんにちは。うぃーず(@weeds611 )です。

 

 

この度、SBI証券から新しく2021年6月29日(火)にSBI・V・全米株式インデックス・ファンドが登場します。

これは全米の企業約4,000社に投資できる投資信託SBI・VTIとも言われています。

 

VTIの投資信託といえば『楽天VTI』が有名ですが、SBI・VTIとどちらに投資すればいいのか気になりますよね。

 

今回はSBI・VTIと楽天VTI、どちらがお得になるのか徹底解説していきます!

結論を言えば、これから始める方はSBI・VTIの方がリターンは高くなります。

 

最後までご覧になると参考になると思います。

 

 

この記事を読んで欲しい方👇

  • これからSBI証券を開設して投資を始めようと思っている方
  • すでに楽天VTIに投資中の方
  • これから積立NISAを開設しようと考えている方
  • すでに楽天証券で毎月5万円以上クレカ積立している方

 

では、いってみましょう。

 

 

 

 

 

 

SBI・V・全米株式インデックス・ファンドとは?

 

SBI・V・全米株式インデックス・ファンドとは、SBI証券の低コストのインデックスファンドシリーズであるSBI・Vシリーズのひとつです。

 

SBI証券の口座開設はこちらから👇

 ネットで簡単に約5分で開設できます。

 

 

【SBI・Vシリーズ】
  1. SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
  2. SBI・V・全米株式インデックス・ファンド
  3. SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド

 

 

【SBI・Vシリーズの特徴】
  • 低コスト→信託報酬率が0.1%以下
  • 純資産残高2,000億円以上
  • バンガード社のETFが投資対象

 

 

 

 ①SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

 

名称

SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

 

 

愛称

SBI・V・全米株式

楽天VTIと比較しやすくするため、SBI・VTIと呼びます)

 

 

投資対象

米国の企業約4,000社の株式

※実質的には、バンガード社が運営するVTIを投資対象としている。

 

 

インデックス

CRSP  US トータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)

 

CRSP  US トータル・マーケット・インデックスとは、米国株式市場の大型株から小型株までを対象とし、投資可能銘柄のほぼ100%をカバーした時価総額加重平均型の株価指数

 

 

購入できる証券会社

SBI証券

 

 

信託報酬率

0.0938%

 

 

純資産総額

2021年6月29日より設定開始

(参考:SBI・V・S&P500インデックス・ファンドは2021年6月時点で2,230億円)

 

 

 

楽天・全米株式インデックス・ファンド

 

名称

楽天・全米株式インデックス・ファンド

 

 

愛称

楽天VTI

 

 

投資対象

米国の企業約4,000社の株式

※実質的には、バンガード社が運営するVTIを投資対象としている。

 

 

インデックス

CRSP  US トータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)

 

CRSP  US トータル・マーケット・インデックスとは、米国株式市場の大型株から小型株までを対象とし、投資可能銘柄のほぼ100%をカバーした時価総額加重平均型の株価指数

 

 

購入できる証券会社

楽天証券SBI証券松井証券マネックス証券など

(名称に「楽天」とついていますが、楽天証券以外でも購入できるのはいいですね!)

 

 

信託報酬率

0.162%

 

 

純資産総額

2,850億円(2021年6月時点)

 

 

 

③SBI・VTIと楽天VTIの比較まとめ

 

 

ファンド名称 SBI・V・全米株式インデックス・ファンド 楽天・全米株式インデックス・ファンド
愛称 SBI・V・全米株式(SBI・VTI) 楽天VTI
投資対象 米国4,000社の株式(VTI) 米国4,000社の株式(VTI)
インデックス CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース) CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)
証券会社 SBI証券 楽天証券SBI証券証券、松井証券証券、マネックス証券など
信託報酬率 0.0938% 0.162%
純資産総額 2021年6月29日からなので未 2,850億円
運用会社 SBIアセットマネジメント株式会社 楽天投信投資顧問

 

 

投信は長期投資が目的なので、信託報酬率はその投資リターンに大きく影響を及ぼします。

 

信託報酬率は、SBI・VTIが0.0938 %楽天VTIが0.162%その差は0.0682%でSBI・VTIに軍配が上がっています。

 

あと注目なのが2021年6月30日からSBI証券でもクレカ積立が始まることです。

SBI証券×三井住友カードでクレカ積立をすることで、0.5%のポイント還元(Vポイント)が受けられます。スタートダッシュキャンペーンで6回積み立て分は1.5%還元とお得です!

詳細はこの記事をご覧ください👇

weedsno5.hatenablog.com

 

 

SBI・VTIはSBI証券のみの取り扱いなので、三井住友カードでクレカ積立をすることで0.5%還元を受けることができます。

 

楽天VTIは皆さん知っていると思いますが、楽天クレジットカードでクレカ積立をすることで1.0%のポイント還元を受けることができます。

 

 

SBI・VTI

 

信託報酬率:0.0938%

ポイント還元:0.5%

 

 

楽天VTI

 

信託報酬率:0.162%

ポイント還元:1.0%

 

 

 

 

SBI・VTIと楽天VTIのシュミレーション

 

上記でSBI・VTIと楽天VTIの違いについて比較しました。

 

 

結局これから積立する場合、SBI・VTIと楽天VTIどちらにしたらいいの?

 

と、多くの方が疑問に思っていることでしょう。

 

以下のシュミレーション条件で毎月3.3万円積立する場合と、毎月5万円積立する場合で運用結果がどうなるかについてシュミレーションしてみました!

 

 

【シュミレーション条件】


  • 毎月3.3万円5万円(つみたてNISAの上限とクレカ積立のポイント還元上限の2種類でシュミレーション)
  • 積立期間は20年
  • 運用利率は5%

 

 

【信託報酬率と実質年率】


SBI・VTI

  • 信託報酬率:0.0938%
  • 実質年率:4.9062%

(実質年率は、5%ー0.0938%で計算)

 

楽天VTI

  • 信託報酬率:0.162%
  • 実質年率:4.838%

(実質年率は、5%ー0.162%で計算) 

 

 

 

①毎月3.3万円積立

 

つみたてNISAの毎月の上限3.3万円で、SBI・VTIと楽天VTIでシュミレーションしてみた結果はこちら👇

 

【SBI・VTI】

f:id:weedsno5:20210617211639j:plain

SBI・VTI毎月3.3万円

 

  • 毎月:3.3万円
  • 実質年率:4.9062%
  • 積立金額:792万円
  • 20年後の運用金額:1,341.82万円(運用益549.82万円)

 

  • 獲得ポイント:39,600ポイント(3.3万円/月×0.5%還元×12か月×20年)

 

  • 総額:1,345.78万円

 

 

楽天VTI】

f:id:weedsno5:20210617212033j:plain

楽天VTI毎月3.3万円

 

  • 毎月:3.3万円
  • 実質年率:4.838%
  • 積立金額:792万円
  • 20年後の運用金額:1,331.33万円(運用益539.33万円)

 

  • 獲得ポイント:79,200ポイント(3.3万円/月×1.0%還元×12か月×20年)

 

  • 総額:1,339.25万円

 

 

②毎月5万円積立

 

クレカ積立でポイント還元を受けることができる上限5万円で、SBI・VTIと楽天VTIでシュミレーションしてみた結果はこちら👇

 

【SBI・VTI】

f:id:weedsno5:20210617212453j:plain

SBI・VTI毎月5万円

 

  • 毎月:5万円
  • 実質年率:4.9062%
  • 積立金額:1,200万円
  • 20年後の運用金額:2,033.06万円(運用益833.06万円)

 

  • 獲得ポイント:60,000ポイント(5万円/月×0.5%還元×12か月×20年)

 

  • 総額:2,039.06万円

 

 

楽天VTI】

f:id:weedsno5:20210617212726j:plain

楽天VTI毎月5万円

 

  • 毎月:5万円
  • 実質年率:4.838%
  • 積立金額:1,200万円
  • 20年後の運用金額:2,017.16万円(運用益817.16万円)

 

  • 獲得ポイント:120,000ポイント(5万円/月×1.0%還元×12か月×20年)

 

  • 総額:2,029.16万円

 

 

③SBI・VTIと楽天VTIのシュミレーションまとめ

 

f:id:weedsno5:20210617213532p:plain


 運用利率を5%、20年間運用すると仮定したとき、SBI・VTIと楽天VTIを比較した場合、ポイント還元(SBIは0.5%、楽天は1.0%)も加味した総額は、毎月3.3万円、5万円積立どちらもSBI・VTIの方がリターンは大きい結果となります(上記、表の下段)。

 

※獲得したポイントは再投資しないと仮定しています。

 

よって、これから長期で投信のクレカ積立をする場合は『SBI・VTI』をおすすめします!

 

 

注意

今回は信託報酬率で計算していますが、実際にはこの信託報酬率のほかに、その他の費用・手数料といった隠れコストがかかってきます。

楽天VTIの場合、実質コストは0.209%となります。

 SBI・VTIは運用開始前なので実質コストは分かりません。今後の発表に注目しておきましょう。

 

 

 

SBI・VTIをおすすめする方とは

 

今回SBI・VTIと楽天VTIでシュミレーションをした結果、これから証券口座を開設して、つみたてNISAを利用し積立を開始しようと思っている方であれば、SBI証券でSBI・VTIをクレカ積立するのをおすすめします。

SBI証券はネット証券No1の実績!!簡単に口座開設できます♪ 

 

 

楽天証券楽天VTIのクレカ積立をしている方はたくさんいると思います。

私もその一人です。

このような方は楽天VTIの積立を解約して、 SBI・VTIに乗り換える必要はないと思います。そのまま積立を継続しましょう👍

 

楽天証券ですでに5万円クレカ積立をしている方で、まだ投資に回すことのできる余裕資金がある方は、SBI・VTIを追加でクレカ積立をするのがいいと思います。

楽天ポイント毎月500ポイントに追加で、Vポイントが上限500ポイント(投資額上限5万円)もらえます!

2021年7月〜12月の6回分はキャンペーンで1.5%にポイントアップします。

 

 

 

 

まとめ

 

f:id:weedsno5:20210310230059p:plain

 

今回はSBI・V・全米株式インデックス・ファンド(SBI・VTI)と楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を比較して、どちらがお得なのかシュミレーションしてみました。

 

 

SBI・VTIとは
  • 実質的にVTIを投資対象としている投資信託
  • 購入できるのはSBI証券のみ
  • 信託報酬率は0.0938%と低コスト

 

 

楽天VTIとは

 

 

毎月3.3万円、20年間積立すると
  • SBI・VTIでは、実質年率4.9062%で総額約1,345万円
  • 楽天VTIでは、実質年率4.838%で総額約1,339万円

 

 

毎月5万円、20年間積立すると
  • SBI・VTIでは、実質年率4.9062%で総額約2,039万円
  • 楽天VTIでは、実質年率4.838%で総額約2,029万円

 

 

SBI・VTIと楽天VTIを比較したときリターンはSBI・VTIの方が大きいため、これから長期でクレカ積立をする場合は『SBI・VTI』をおすすめします。

 

 

現在、楽天VTIを積立してる方はどうすればいいのか?

✅わざわざ楽天VTIを解約して、SBI・VTIに乗り換える必要はなし!

✅そのまま楽天VTIは継続しましょう!!

楽天VTIをすでに5万円投資している方(クレカ積立のポイント還元上限)でさらに余裕資金がある方は、SBI・VTIでクレカ積立をしてVポイントをもらいましょう!!!

 

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました🙇‍♂️

少しでも皆さんの役に立てば幸いです😊

ではまた👋

 

 

おすすめ証券会社はこちら✨

 

 

うぃ〜ずの家族といく旅行ブログ、今は米国株に興味! - にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村