うぃーずブログ

配当金30万円で"沖縄旅行"に行くことを目標に!うぃーずの資産形成&旅行に関するブログ

MENU

【貸付投資】Funds(ファンズ)のメリット・デメリットとは?結論!ファンズ=投資初心者におすすめ

 

皆さん、こんにちは。うぃーず(@weeds611 )です。どうも。

 

人気急上昇!リスクの少ない投資で安定して利息がもらえるFunds(ファンズ)のメリット・デメリットが知りたい!どんな人にファンズが向いているのかな?

 

今回の記事ではこんな疑問にお答えします。

 

Funds(ファンズ)とは 「個人のお金をまとめて企業に貸付し利息がもらえるサービス」

 

最近SNSなどで人気となり、低リスク安定した投資ができるとして投資初心者におすすめ

 

この記事では『Funds(ファンズ)のメリット・デメリット』について詳しく解説していきます。

 

Funds(ファンズ)の口座開設は最短5分完全無料なので、気になる方は公式サイトをチェックしてみましょう!

貸付投資のFunds(ファンズ)

 

関連記事 

▶︎Fundsの口座開設についてはこちら

weedsno5.hatenablog.com

 

▼この記事の内容▼

✔︎Funds(ファンズ)のメリット・デメリット

✔︎Fundsへの投資をおすすめする方とは

 

ではいってみましょう!

 

f:id:weedsno5:20220411233726p:plain

Funds(ファンズ)|メリット・デメリット

 

 

Funds(ファンズ)とは?

f:id:weedsno5:20220409204658p:plain

 

まずは、Funds(ファンズ)について知らない方のためにどんなサービスなのか解説していきますね。

 

ファンズ株式会社はFunds(ファンズ)「個人のお金をまとめて企業に貸付し、利息がもらえるサービス」を提供する会社。

 

Fundsはこんな人におすすめ ☑︎投資初心者
  • 少額(1円〜)から投資ができる
  • 安定的に1.0%〜3.0%の利息がもらえる

 

☑︎年収500万円資産1,000万円前後の方が多く利用している

 

関連記事▶︎【貸付投資】人気急上昇!Funds(ファンズ)の口座開設を徹底解説!スクショ付きでわかりやすく解説します

 

Funds(ファンズ)が気になる方は今すぐに公式サイトをチェック!

 

 

Funds(ファンズ)のメリット5つ

 

f:id:weedsno5:20220411235518j:plain

 

Funds(ファンズ)を利用するメリット5つについて紹介していきます!

 

Funds(ファンズ)のメリット5つ
 
①少額から(1円〜)投資ができる

②リスクを抑えて投資ができる

③運用コストがかからない

④運用期間中ほったらかしで投資できる

⑤優待がもらえる

 

つまり、Fundsは投資初心者にとってかなり投資を始めやすいサービスといえます。

 

Fundsが気になる方は公式サイトをチェック!

 

Fundsのメリットについてひとつずつ確認してみましょう。

 

メリット1:少額から(1円〜)投資ができる

最低投資額1円

 

Fundsは投資初心者に嬉しい「1円」からという少額から投資ができます。

 

投資初心者におすすめなつみたてNISAでも最低投資額は100円〜となっているので、1円からは投資がしやすい!

 

 

メリット2:リスクを抑えて投資ができる

Fundsで取り扱っている案件は、原則として、上場企業または監査法人などの監査を受けた企業に限定されています。

 

公認会計士、弁護士、元株式アナリストなどのスペシャリストで構成された審査部門が厳しい審査をし、その審査を通過した企業がFundsを利用して資金調達ができるという仕組みになっています。

 

よって、過去の実績では正常償還率(運用したファンドのうち、デフォルトがなく正常に償還が行われたファンドの割合)100%です。

 

つまり、株式投資のような元本割れといったリスクがほぼないということになります(2022年4月時点)。

 

 

メリット3:運用コストがかからない

「運用コストは無料、口座開設も永年無料

 

個人がFundsを利用するための手数料は、ほぼ無料(0円)。

 

  • 会員登録に関する費用:無料
  • 口座開設に関する費用:無料
  • 口座管理に関する費用:無料
  • 口座への出金手数料:無料

 

このように個人にかかる費用、手数料については無料となっています。

 

⚠️注意!
唯一かかる手数料=デポジット口座への振込手数料

自分の指定金融機関からFundsの口座に入金する際の振込手数料だけは個人負担となります(振込手数料は自分の扱う金融機関により異なるため、各金融機関に確認する必要あり)。

ネット銀行によっては振込手数料が月○回まで無料などのキャンペーンがあるので、それを活用すればFundsを利用するための手数料は無料(0円)です!

 

 

メリット4:運用期間中ほったらかしで投資できる

Fundsで投資可能なファンドには予定利回り予定運用期間が設定されているので、投資を開始したらそのままほったらかしでOK

 

f:id:weedsno5:20220409142315j:plain

 

株式投資のように株価を毎日チェックする必要はありません。

 

投資に充てる時間を家族との時間、自分の自由な時間に使えるのはいいですよね。

 

 

メリット5:優待がもらえる

Fundsは株式投資ではないので株主優待はないのですが、

Fundsへの投資特典として、一部のファンドでは「Funds優待」がもらえます。

f:id:weedsno5:20220125154811j:plain

Funds優待

 

【「Funds優待」の一例】

企業名 ファンド名 Funds優待
株式会社メルカリ メルカリサステナビリティファンド 投資額に応じてメルペイのポイントを還元
イートアンド株式会社 大阪王将ファンド ファンドの運用期間中、大阪王将の店舗で何度も使える10%OFF特別割引券
株式会社極楽湯ホールディングス 極楽湯RAKU SPAファンド RAKU SPA Cafeのフリータイム料金が20%オフになる優待券
株式会社タカラレーベン タカラレーベンサステナビリティファンド 投資額に応じた全国共通おこめ券

 

 

 

Funds(ファンズ)のデメリット5つ

 

f:id:weedsno5:20220411235552j:plain

 

Fundsを利用するメリットはたくさんありましたが、もちろんデメリットもあります。

Funds(ファンズ)を利用するデメリット5つについて紹介していきます!

 

Fundsのデメリット5つ
 
①元本割れすることがある(実績なし)

②保証なし・担保なしの案件が多い

③途中解約ができない

④利回りはそれほど高くない

⑤人気すぎて投資できない

 

Fundsが気になる方は公式サイトをチェック!

 

Fundsのデメリットについてひとつずつ確認してみましょう。

 

デメリット1:元本割れすることがある(実績なし)

Fundsでは取り扱う企業には厳しい審査をしているため過去にデフォルト(貸し倒れ)の実績はありません

しかし、企業に貸付という形で投資をしているため100%元本割れしないとはいいきれません。

Fundsに限らず投資全般に言えることですが、投資にはリスクはつきものです。

 

 

デメリット2:保証なし・担保なしの案件が多い

Fundsでは、保証なし・担保なしの案件が多いのが特徴です。

 

保証や担保があれば貸付金の返済ができない場合、その担保によって一定の元本が返済されますが、それがありません。

 

Fundsは企業に対して厳しい審査をしてデフォルトなどのリスクを抑えることで、保証や担保がなくても安心して投資ができるといえるでしょう。

 

 

デメリット3:途中解約ができない

Fundsの案件に対して投資を開始すると、途中で解約することはできません

 

ファンドにより異なりますが、約3ヶ月から60ヶ月の間資金が拘束されることになります。

投資を行う場合は必ず余剰資金で行うようにしましょう。

 

 

デメリット4:利回りはそれほど高くない

Fundsの取り扱う案件では、予定利回りが1.0%〜3.0%のファンドが多い。

 

12ヶ月の運用期間で予定利回り1.0%のファンドで100万円運用する場合、利息は1万円となります。

大手メガバンク普通預金金利は年0.001%なので、それに比べると1000倍の利息をもらえることになります。

 

しかし、投資信託の平均利回りは4%〜7%と言われているため、それに比べると物足りない利回りといえます。

 

 

人気すぎて投資できない

Fundsは少額から投資ができ、比較的リスクの低い投資であることからとても人気!

よって、人気がありすぎて投資したくても投資できないという問題があります。

 

ファンドによっては募集開始後、短時間で投資枠が埋まってしまい投資ができないケースも見られます。

 

しかし、以前の募集方法は「先着方式」のみでしたが「抽選方式」も導入されたことにより投資しやすい環境になってきました。

 

【先着方式と抽選方式の違いとは】

  先着方式 抽選方式
投資申込金額 制限なし 100万円まで
申込回数 制限なし 1度まで
申込単位 1円から 1円から

 

「先着方式」の場合、人気のファンドは募集がすぐに終了してしまうので、Fundsの公式サイトで募集開始時間を確認しておくことをおすすめします。

 

早押しの練習もしておきましょう(笑)

 

Funds(ファンズ)×三菱UFJ銀行の1.0%キャンペーンのときには、先着方式は開始数秒で投資枠は埋まってしまいました。

【普通預金の1000倍】三菱UFJ銀行に貸付して年利1.0%の利息を受け取る方法!【Funds×三菱UFJ銀行】

 

\現在、募集中のファンドは公式サイトで確認/

 

 

 

Fundsへの投資をおすすめする方

 

Fundsは少額から投資ができ、リスクが少なく年利1.0%〜3.0%の利息がもらえるため、「投資初心者」にとてもおすすめできる投資方法です。

 

一度、投資を始めると株式投資のように株価のチェックや業績チェックなどは一切する必要はありません。

 

メガバンクにお金を預けても年利0.001%の利息しかもらえませんが、Fundsであればその1000〜3000倍の利息がもらえます。

 

3ヶ月〜60ヶ月の間、動かすことのない余剰資金があればFunds(ファンズ)への投資を検討してみてもいいかもしれません。

 

Funds優待が気になる方もぜひ口座開設をしてまずは投資してみましょう。

 

投資初心者のうちは、色々な投資にチャレンジするのもいいですよ!日々、勉強です。

 

Fundsが気になる方は公式サイトをチェック!

 

口座開設はすべて無料なのですぐに投資ができるように準備だけでもしておきましょう。

 

 

 

まとめ

 

Funds(ファンズ)のメリット・デメリットについて徹底解説しました!

 

いかがでしたでしょうか?

 

ご紹介したFunds(ファンズ)のメリット・デメリットについてまとめます。

Fundsのメリット5つ
  1. 少額から(1円〜)投資ができる
  2. リスクを抑えて投資ができる
  3. 運用コストがかからない
  4. 運用期間中ほったらかしで投資できる
  5. 優待がもらえる
Fundsのデメリット5つ
  1. 元本割れすることがある(実績なし)
  2. 保証なし・担保なしの案件が多い
  3. 途中解約ができない
  4. 利回りはそれほど高くない
  5. 人気すぎて投資できない

 

Fundsは個人のお金を企業に貸し付けることで利息がもらえるサービスで、リスクが少なく安定した投資が可能なので投資初心者におすすめです。

 

この記事を読んでFundsに興味を持った方、これから投資を始めようと思った方は公式サイトからまずは口座開設(無料)だけでもしておきましょう!

貸付投資のFunds(ファンズ)

 

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

少しでも皆さんの役に立てば幸いです。

ではまた👋

 

ブログ村にも参加しています。

今回の記事が役に立ったという方は応援クリックよろしくお願いします!

うぃ〜ずの家族といく旅行ブログ、今は米国株に興味! - にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村